自律神経失調症 改善

 

自律神経失調症にはしっかりと向き合って立ち向かうのが最良の改善方法です!

自律神経失調症とは、ちょっと医学的な面から説明すると「交感神経と副交感神経、この2つから成り立つ脳の自律神経がアンバランスとなり、精神が崩れ多状態のときに起こる症状の総合的な名称」です。成人の方なら誰でもこの言葉を聞いたことがあると思います。別名はパニック障害とも言われています。
※うつ病は自律神経失調症と同じ意味で使われる場合もありますがちょっと違います。

 

ではどういった症状になるのかというと、主な症例として挙げられるのは、不眠症・肩こり・頭痛・慢性疲労症候群・めまい・心気症・下痢・薬物依存、女性ならば月経痛のひどさなども自律神経失調症から来るものとして考えられています。

 

私が自律神経失調症と診断された時の症状は、不眠症と頭痛、めまいが主な症状でした。ですがそれが元で会社にも行けなくなり、退職寸前まで追い込まれようとは思っても見ませんでした。会社(仕事)のストレス、家庭での不和から来るストレスの二重苦で板挟みとなり、自律神経失調症になってしまったのだろうと医者には診断されました。

 

でも原因が分かってもどうすることも出来ませんでした・・・仕事を辞めるわけにはいかないし、離婚なんてとんでもないですから・・・

 

そのときに自分で何とか自律神経失調症を直そうといろいろと調べたときに見つけたのがこの方法でした。藁にもすがる思いとはこういうことを言うのでしょうね。

 

実際にこの方法を先生と一緒になって試し、ストレスとしっかりと向き合っていくことが最善の改善方法だったのだ、と自律神経失調症が解消された今思い返しています。本当に感謝の念でいっぱいです!

 


自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

パニック障害の改善に!劇的に改善できる方法があるとしたらどうしますか?

このページを見ている方は過去に自分が経験したものと同じパニック障害(自律神経失調症)の方だと思います。パニック障害というのは実際、本当にきつい病気です。自分自身で経験しているからこそ言えることです。

 

仕事をしている人間ならば、多少の違いはあれどストレスに晒されています。それをうまく取り込んで発散できる方とどうしてもため込んで内に秘めてしまう方がいます。後者の場合、そういったストレスから体の内面をじわじわと浸食されてしまうのがこのパニック障害の怖さだと思います。

 

個人個人で症状の違いはありますが、パニック障害は立派な病気であり、決して精神の弱さから来るストレス障害が原因のすべてだと考えないでください。よく精神安定剤などの薬を処方する病院(パニック障害だからと言って)にも数多くあります。ですがその大部分は気休めでありそれで改善されることはまずありません。薬をもらったから大丈夫、という気持ちの問題であり原因が改善されるわけではないのでまた発症してしまい薬を飲むという悪循環になってしまいます。薬に依存してしまう怖さもあります。

 

実は自分も一時期はこの悪循環に入ってしまいましたが、今では一切l薬に頼らずにパニック障害を改善することが出来ました!本当にこの改善法に知り合って良かったと心から感謝しています!

 

自律神経失調症・パニック障害、そして鬱病にかかっている皆さん!大丈夫です!きちんとした対処法を実践すればこれらの症状は決して治せない病気ではありません!ぜひこのパニック障害改善方法を実践してみてください!